大学案内 研究活動・教員紹介 図書館 受験生の方へ

一般の方へ

HOME>研究活動・教員紹介>      
研究科の特色/教育・研究環境
教員一覧
開講科目一覧/シラバス
時間割
附置国際仏教学研究所
附置日本古写経研究所
学術成果コレクション
出版物
ニュース
   後藤 敏文 教授
略歴
京都大学文学修士(印度哲学史1975)。ドイツ・エルランゲン大学Dr. phil.(インド・ヨーロッパ語比較言語学1985)。大阪大学文学部教授,東北大学文学研究科教授を経て,2014より本学教授。東北大学名誉教授(2012)。フライブルク大学講師(インド学),ウィーン大学客員教授(インド・ヨーロッパ語比較言語学),フランクフルト大学講師(同)を歴任。
 
専門分野・研究テーマ
インド学全般,ヴェーダ,アヴェスタを中心とするインド・イラン学,インド・ヨーロッパ語比較言語学,「業と輪廻」理論の成立と展開を中心とするインド思想史。
 
主な論著

(詳細はホームページgototoshifumi.jimdo.comをご覧下さい。ダウンロード可能なPDF版も用意してあります。)

<著作>
Die „I. Präsensklasse“ im Vedischen. Untersuchung der vollstufigen thematischen Wurzelpräsentia (ヴェーダ語における所謂第一類現在動詞). Wien 1987, 第2版1996, 450pp.

Rig-Veda. Das heilige Wissen. Erster bis zweiter Liederkreis. Aus dem vedischen Sanskrit übersetzt und herausgegeben von Michael Witzel und Toshifumi Gotō unter Mitarbeit von Eijirō Dōyama und Mislav Ježić (『リグヴェーダ』第1・2巻のドイツ語訳と注解). Frankfurt a. M. 2007, 889pp.

Rig-Veda. Das heilige Wissen. Dritter bis fünfter Liederkreis. Aus dem vedischen Sanskrit übersetzt und herausgegeben von Michael Witzel, Toshifumi Gotō und Salvatore Scarlata (同,第3-5巻). Berlin 2013, 708pp.

Old Indo-Aryan morphology and its Indo-Iranian background (古インドアーリヤ語形態論とその歴史的背景). Wien 2013, 222pp.

<論文>
Materialien zu einer Liste altindischer Verbalformen 1-3,4-7,8-15,16-29 (古インドアーリヤ語動詞活用派生一覧へ向けて). 『国立民族学博物館研究報告』 15-4 (1991) 987-1012, 16-3 (1992) 681-707, 18-1 (1993) 119-141, 22-4 (1998) 1001-1059.

Zur Lehre Śāṇḍilyas -Zwischen Brāhmaṇa und Upaniṣad- (シャーンディリャの教説再考: ブラーフマナとウパニシャッドとの間). Langue, style et structure dans le monde indien. Centenaire de Louis Renou, Paris 1996 [1997], 71-89.

Überlegungen zum urindogermanischen “Stativ” (インド・ヨーロッパ祖語における所謂状態動詞について). Berthold Delbrück y la sintaxis indoeuropea hoy, Madrid-Wiesbaden 1997 [1998], 165-192.

“Purūravas und Urvaśī” aus dem neuentdeckten Vādhūla-Anvākhyāna (Ed. IKARI) (新資料ヴァードゥーラ・アヌアーキャーナに見られる『プルーラヴァスとウルヴァシー』物語). Anusantatyai. Festschrift für Johanna Narten zum 70. Geburtstag, Dettelbach 2000 [2001], 79-110.

Zur Sprache der Śvetāśvatara-Upaniṣad (シュヴェーターシュヴァタラ・ウパニシャッドの言語について). Vividharatnakaraṇḍaka. Festgabe für Adelheid Mette, Swisttal-Odendorf 2000, 259-282.

Vasiṣṭha und Varuṇa in RV VII 88 -Priesteramt des Vasiṣṭha und Suche nach seinem indoiranischen Hintergrund- (ヴァスィシュタとヴァルゥナ: ヴァスィシュタの祭官職能とそのインド・イラン共通時代の背景を求めて). Indoarisch, Iranisch und die Indogermanistik, Wiesbaden 2000, 147-161.

Yājñavalkya’s Characterization of the Ātman and the Four Kinds of Suffering in early Buddhism. Electronic Journal of Vedic Studies, 12-2 (2005) 70-84.

「業」と「輪廻」-ヴェーダから仏教へ。『印度哲学仏教学』24 (2009) 16-41.

Notizen zu den Verben in Yasna 9 (Hōm-Yašt) (ヤスナ9における動詞の検討). Protolanguage and Prehistory, Wiesbaden 2009, 160-181.

Aśvín- and Nā́satya- in the Rigveda and their Prehistoric Background. Linguistics, Archaeology and Human Past in South Asia, New Delhi 2009, 199-226.

Grammatical Irregularities in the Rigveda, Book IV. Indic across the Millennia: from the Rigveda to Modern Indo-Aryan. Bremen 2012, 23-36.

 
教育・研究方向
授業では,ヴェーダ,ブラーフマナ,ウパニシャッドをはじめとするサンスクリット語,パーリ語文献を題材に,言語の正確な把握に基づく文献学的訓練をめざす。研究の中心は,動詞を中心とする古インド・イラン語歴史文法,および,「業と輪廻」理論の解明に置く。『リグヴェーダ』,『ウパニシャッド』の日本語全訳と,日本語による懇切丁寧な古インド・イラン語歴史文法の出版を目指したい。
 
担当科目

外国語仏教学論著講読
論文指導
汎アジア仏教文化学研究
汎アジア仏教文化学演習
仏教学特殊研究

 
第5回ヴェーダ文献研究会のお知らせ
第3回ヴェーダ文献研究会のお知らせ
 
メールアドレス: goto<>icabs.ac.jp
(ご連絡の際は「<>」を「@」に変えてください)