HOME大学案内学長挨拶

学長挨拶

藤井 教公 学長 藤井教公

本学は平成(1996年)に仏教学研究の進展とその研究者の養成を目指して、一研究科のみの独立大学院として、平川彰博士を初代理事長に開学しました。現在、国際仏教学研究所と日本古写経研究所という二つの研究所を附置し、附属図書館には14万点を超える仏教文献と関連図書を蔵して、これらによって仏教研究を進めるとともに、有為な人材の育成に努めています。

周知のように仏教は2500年前にインドで興り、そして、国家、民族、文化の壁を越えて、今日、世界に広まり、それぞれの文化圏においてそれぞれの文化の影響を受けながら、特徴ある姿で存続しています。それゆえ仏教研究にはおのずからグローバルな視点が必要になってきます。本学ではその視点に基づいて教育研究組織として、南・東南アジア、内陸アジア、東アジア、汎アジアの4地域に分けた教員配置とカリキュラム編成を行っています。

教育は5年一貫の博士課程として、学生定員は1学年4名、5学年で20名の編成による徹底した少人数教育を行っています。学修支援には附属図書館や国際仏教学研究所による学修支援プログラムがあり、また、本学独自の奨学金などの経済支援もあります。海外からの留学生にはキャンパス内に寄宿舎があります。

大学のキャンパスは、文教地区の閑静な住宅街の中の、もと徳川慶喜公の屋敷跡にあって、大樹に囲まれた図書館や講堂、講義研究棟などの建物は、明るく落ち着いた雰囲気で、勉学の環境としては申し分がありません。

仏教の研究には、文献学的研究と文献資料に基づく思想研究との両面がありますが、本学は文献資料として、およそ入手可能なほとんどすべての一切経と、奈良平安古写経の収集文献データを揃えており、文献研究にも、思想研究にもどちらにも従事することが可能です。仏教の研究を通じて普遍の真理に迫り、同時に生命倫理や環境問題など、今日的課題に取り組むこと、これが我々一同の望みです。

本学に関心を向けてくださった皆さん、八万四千の法蔵の扉を開けて、共に仏教研究に一歩を踏み込もうではありませんか。