HOME研究教員斉藤 明

斉藤 明

略歴

1984年3月 東京大学大学院人文科学研究科印度哲学専門課程博士課程 単位取得退学

1984年4月 東京大学文学部助手

1985年5月 オーストラリア国立大学アジア研究学部 Ph.D.学位取得

1988年4月 三重大学人文学部助教授

1993年4月   同  教授

2000年4月 東京大学大学院人文社会系研究科教授

2016年3月   同  定年退職

2016年4月 国際仏教学大学院大学教授、東京大学名誉教授

専門分野・研究テーマ

インド大乗仏教思想史、とくに中観思想史研究

現在の研究関心

  • 『中論頌』の思想分析
  • ナーガールジュナ(龍樹)と初期大乗仏教思想の形成
  • 敦煌出土チベット語文献・シャーンティデーヴァ(寂天)作『入菩薩行論』の研究
  • 観音(観自在)の原語、意味、および成立背景に関する研究
  • 仏教術語の現代語訳をめぐる研究

主な論著

著書

[共著] 『愛の探究』三重大学出版会, 2017. 3, (遠山敦編, II.2.4「仏教における愛と慈悲」pp. 113-122を分担執筆)

[共著] Buddhism and Debate: The Development of Mahāyāna Buddhism (Acta Asiatica, 108), Tokyo: The Tōhō Gakkai, 2015. 2.

[共編著] 『瑜伽行派の五位百法:仏教用語の現代基準訳語集および定義的用例集:バウッダコーシャII』Bibliotheca Indologica et Buddhologica 16, 山喜房佛書林, 2014. 2.

[共著] 『因果の探究』三重大学出版会, 2013. 3, (秋元ひろと編, II.2.1「仏教における行為と因果:複人称の倫理」pp. 121-130 を分担執筆)

[Ph.D.] A Study of the Buddhapālita-mūlamadhyamakavṛtti, The Australian National University, 1984. 8., 697pp. (ANU Digital Theses Collection)

(最新5年分と学位論文を掲載)

論文

“Bhāviveka’s Concept of Prajñā in the Context of the Two Truths”, Studies of Buddhist Culture (仏教文化研究論集) 18, 2017. 3, pp. 47-58.

「Nāgārjunaにおける空と縁起:『中論』第24章・第18偈の解釈をめぐって」『国際仏教学大学院大学研究紀要』21, 2017. 3, pp. 1-32.

「シャーンティデーヴァの<廻向>論:新旧『入菩薩行論』最終章を中心として (1)」『成田山仏教研究所紀要』40, 2017. 2, pp. 57-69.

「『法華経』とイーシュヴァラ」『三友健容博士古稀記念論文集』, 2016. 3, pp. 547-556.

Reconsidering the Meaning of Emptiness in the Vimalakīrtinirdeśasūtra”, Journal of Indian and Buddhist Studies (印度学仏教学研究) 63-3, 2015. 3, pp. 1256-1262.

“Avalokiteśvara in the Saddharmapuṇḍarīka-sūtra”, Acta Asiatica, 108, 2015. 2, pp. 1-17.

「アクシャヤマティ作『入菩薩行論』の大乗仏説論」『奥田聖應先生頌寿記念インド学仏教学論集』, 2014. 3, pp. 685-694.

“A Shape in the Mist: On the Text of Two Undetermined Sūtra Citations in the Prasannapadā”, Studies in Indian Philosophy and Buddhism (インド哲学仏教学研究), 20, 2013. 3, pp. 17-26.

「観音(観自在)と『観音経』:鳩摩羅什訳の謎をめぐって」『伊藤瑞叡博士古稀記念論文集法華文化と関係諸文化の研究』, 2013. 2, pp. 179-189.

“Buddhapālita’s Metaphorical Expression”, Journal of Indian and Buddhist Studies (印度学仏教学研究), 61-3, 2013. 3, pp. 1181-1173.

(最新5年分を掲載)

教育・研究方向

インド仏教史においてナーガールジュナ(龍樹)が果たした役割を再検証しながら、インド中観思想史、ひいては仏教思想史を体系的に再考したいと考えている。内外の最先端の研究を踏まえ、近年の注目される研究成果を紹介しながら、実証的で、質疑応答を重んじた教育を心がけたい。

担当科目

  • 外国語仏教学論著講読
  • 論文指導
  • 内陸アジア仏教文献学研究
  • 内陸アジア仏教文献学演習
  • 仏教学特殊研究

メールアドレス: asaito<>icabs.ac.jp
(ご連絡の際は「<>」を「@」に変えてください)